通学と合宿免許の違い

運転免許を取得するには、通学しながら教習を受講する場合と、宿泊しながら短期に集中して教習を受講する合宿免許があります。合宿免許の場合、多くの自動車教習所の中から気に入った合宿免許を選ぶには、さまざまな要素や選択肢があります。また、通学しながら受講する場合でも、自動車教習所の選び方には悩むものです。通学と短期集中の合宿免許では、それぞれメリットやデメリットも違ってきます。

合宿免許の特徴は、短期間で運転免許取得が可能なことで、最短14日で卒業できます。通学では通常1~3ヶ月ていどかかりますが、合宿免許では毎日教習を受講できるため、通学より早く免許を取ることが可能です。ただし、合宿免許で免許を取得する場合、2週間以上の長期休暇が必要であり、社会人には不向きといえるかもしれません。一方で、高校生や大学生の利用が大半を占めています。また、通学より合宿免許の方が集中して学科や実地研修を受講できるため、検定試験の合格率は高くなっています。

合宿期間中の食事も楽しみの一つです。食事は基本的に3食支給され、栄養士免許を有する人や専属のシェフが料理をする教習所や、洋食から和食までバラエティーに富んだ料理を出す教習所などさまざまです。場所によっては、バイキング形式の食事を出す教習所もあるので、合宿免許先を選ぶ際には参考にするといいでしょう。このように、当サイトでは合宿免許先の選び方やポイントについて紹介していきます。